贈り物とお祝いについて

お歳暮

【お歳暮の由来】

・お歳暮とは年の暮れのことを意味し、昔は新年に先祖の霊を迎える為のお供え物を、分家の人が本家や親元に持っていく行事でした。

・最近は、お世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る、贈り物を指す言葉に変わってきました。

【贈る時期】

昔は、正月の準備を始める1213日から20日までに贈られていたそうですが、最近は、お世話になっている方への年末のあいさつとして、お歳暮を贈る時期が少し早り、11月末から贈る人も多いようです。

【マナー】

・本来はお歳暮ギフトを持って、先方にお伺いし、直接日頃のお礼を伝えるのですが、遠方の場合や仕事等で忙しく伺えない場合も多いため、インターネットショップや店舗から直送することが増えています。

・ギフト品には、挨拶状を同封するか、事前に手紙かハガキを出すのが良いと思います。その挨拶状には、挨拶のほかに、何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、親切です。特に生鮮食料品などは、先方の都合もありますので、事前にを出しておくという心遣いがいいですね。

・お歳暮は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。ただ、お礼状だけは出すことをおすすめします。相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切です。

・電話で済ませてしまう場合も多いようですが、できれば、はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、送るのがよいかと思います。

【のし】

・「のし」の書き方は中央にお歳暮と書き、少し小さく贈り主の氏名を記載します。

【お歳暮のおすすめ】

明石蛸のしゃぶ

神戸牛の赤ワイン煮込み

【お歳暮の選び方】

・大切なのは、贈る相手のことを考えて品物を選ぶことです。最近は健康志向の食品を選ぶ人が増えています。こうした気配りは、品物の値段ではなく、気持ちが伝わります。相手に喜ばれる品物選びで重要だと思います。

・予算は、一般的に3,000円~10,000円くらいですが、特に決まりはありません。金額よりも感謝の気持ちが重要です。

【喪中の時のお歳暮】

・お歳暮はお祝いとは違い、日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、相手の方が喪中であっても、マナーとして問題ありません。


お中元

【贈る時期】

7月初旬から末日までに贈るのが一般的となっています。最近は、6月からお中元ギフトを贈られる方が多くなり、早まる傾向にあります。また、地域によって815日までに贈る場合もございますので、ご注意ください。

【マナー】

・本来はお中元ギフトを持って、先方にお伺いし、直接日頃のお礼を伝えるのですが、遠方の場合や仕事等で忙しく伺えない場合も多いため、インターネットショップや店舗から直送することが増えています。

・ギフト品には、挨拶状を同封するか、事前に手紙かハガキを出すのが良いと思います。その挨拶状には、挨拶のほかに、何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、親切です。特に生鮮食料品などは、先方の都合もありますので、事前にを出しておくという心遣いがいいですね。

・お中元は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。ただ、お礼状だけは出すことをおすすめします。相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切です。

・電話で済ませてしまう場合も多いようですが、できれば、はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、送るのがよいかと思います。

【のし】

・贈る時期によって、関東や関西など地域によって違う場合がございますので、「のし」の書き方に注意してください。一般的には下記の通りです。

7月15日までは、「御中元」

7月15日以降は、「暑中御見舞」

立秋(8月7日ころ)~9月上旬の場合は、「残暑御見舞」

【お中元のおすすめ】

明石蛸の燻製

商品100g 大

神戸牛の赤ワイン煮込み

【お中元の選び方】

・大切なのは、贈る相手のことを考えて品物を選ぶことです。最近は健康志向の食品を選ぶ人が増えています。こうした気配りは、品物の値段ではなく、気持ちが伝わります。相手に喜ばれる品物選びで重要だと思います。

・予算は、一般的に3,000円~10,000円くらいですが、特に決まりはありません。金額よりも感謝の気持ちが重要です。

誕生日のお祝い

【一歳の誕生日】

昔はお正月ごとに年をとる「数え年」で年齢を数えていたので、誕生日自体はお祝いする習慣がなかったそうですが、乳幼児の死亡率が高い時代は、生まれて1年目の初誕生日は家族全体でお祝いをしていました。この初誕生日には日本独特のお祝いの行事が各地に残っていて、その大部分が「餅」を使ったものです。おめでたい時は餅、という伝統がありました。子供に一升餅を背負わせることで、お餅の一升と人の一生を掛け合わせ、その子供が一生食べ物に困らないようにと親の願いが込められていました。一升の餅は約2キロの重さになります。これを一歳児に背負わせるのは少し危険なので、軽くすることが重要です。重さは厳密でなくても適度な大きさのお餅で良いでしょう。近所の和菓子屋などには「一升餅」を作ってくれるところもあるようですので、事前に確認してみましょう。インターネット上でも一升餅を販売しているお店があります。また、手形や足型をとったり、家族で記念撮影を写すのも良いと思います。

【家族で祝う誕生日】

家族の誰かが誕生日を迎えた場合、家庭やレストラン等でお祝いをする場合が増えてきました。この場合はささやかなプレゼントをしたり、少し豪華な食事をして家族団らん楽しく過ごします。誕生日を迎えた本人は、この一年間無事に過ごせたことを家族に感謝することが大切です。

【二人で祝う誕生日】

夫婦や恋人同士で祝う誕生日は、レストラン等での外食が圧倒的に多いですが、中には家庭でお祝いされる方もおられます。

【誕生会のおすすめ】

神戸牛の赤ワイン煮込み

長寿の祝い

【還暦のお祝い】数え年61歳・満60歳

生まれた年の干支にもどることから。(満60歳で祝う)

【古稀(古希)のお祝い】数え年70歳

唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。

【喜寿のお祝い】数え年77歳

「喜」のくずし字の、七十七と読める形から。

【卒寿のお祝い】数え年80歳

「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。

【喜寿のお祝い】数え年88歳

「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。

【卒寿のお祝い】数え年90歳

「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。

【白寿のお祝い】数え年99歳

「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。

【紀寿のお祝い】数え年100歳

100年=一世紀を表わす「紀」から。

【茶寿のお祝い】数え年108歳

「茶」の字をくずすと、二十と八、十、八に分かれるので。

【皇寿のお祝い】数え年111歳

「皇」は「白」と「王」にわかれる。
「白」は、「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので99歳を表わし、「王」は「十」と「二」に分けることができる。
ゆえに「白」(99歳)+ 「十」「二」で111歳。

【お祝いのおすすめ】

神戸牛の赤ワイン煮込み

結婚のお祝い

【結婚内祝いを頂いた場合】    

内祝いのことを考える前に、ひとまずお礼の言葉を伝えましょう。直接いただいた場合はもちろんその場で、配送などで受け取った場合も、期日を置かずに電話で、感謝の気持ちを伝えます。贈り主に「無事に届いた」と安心してもらうことが大切です。この場合メールでの連絡は礼儀にかなったものではないと思われます。普段からメールで連絡を取り合うような、ごく親しいお相手以外では控えた方がいいでしょう。

【内祝いの予算】 半返し

お祝いの半額程度の品物を用意するのが一般的です。明らかに安いとわかる品をお返しすれば、「私のお祝いはその程度なのか」とお相手を不愉快にさせてしまいます。逆に多く返しても、相手を恐縮させてしまいます。

【のし】の選び方

紅白の水引で結んだ「結び切り」が定番

結婚内祝いの「のし」は紅白各5本の水引で固く結ばれ、その端が上に向いた「結び切り」を使うのが定番です。この結び方は一度結んだらほどけないことから、「この結婚が一生に一度となり二度と繰り返されないように」という願いが込められています。また、病気の快気祝いにもこの「結び切り」を使います。

「ほどけやすい蝶結びの水引はタブー」

同じ紅白の「のし」で蝶結びをよく見かけるかもしれません。これは、ほどけやすく何度でも結び直せることから、「何度でも繰り返したいお祝い」に用いるとされおり、結婚祝いでは避けなければならない結び方です。 出産などのお祝いごとでも「内祝」としますが、水引の種類が違うので注意しましょう。

【表書き】

内祝 結婚之内祝 結婚内祝 寿(両家の連名) 結婚内祝

関西地方では偶数の文字を避けるため「結婚内祝」でなく「結婚の内祝」を使う場合が多いようです。

新築のお祝い

【新築内祝い】

新築祝いは、新築を披露する為ご招待が基本です。引っ越し後12カ月以内に新居をお披露目する機会を設けます。昼に軽く軽食を用意してご招待するのが一般的です。招きできなかった方や高額なお祝いをいただいた方には、「内祝い」として品物を贈ります。

【内祝いの商品選び】

お返しの品は、相手に気兼ねなく使ってもらえる実用品(食器や調理器具・キッチン用品、タオル、石けんや洗剤)など、食品では、お菓子、飲料品などがあります。

【価格】

お祝いをいただいた場合には、3分の1から半額程度を目安にお返しするとよいでしょう。

【のし・水引】

「水引」は、金銀もしくは、紅白7本の蝶結びを使います。関西では、紅白のあわび結びを使うこともあります。これは、何度でも繰り返してよいこと(出産・新築・いろいろな内祝など)に使われます。

「のし」の表書きは、「内祝」「新築(新居)内祝」とし、下には、姓または世帯主の氏名を書きます。

入園・入学のお祝い

【入園・入学のお祝い】

●保育園・幼稚園の入園祝い

現金、図書券、商品券、傘、長靴、レインコート、絵本、色鉛筆、ノート、画用紙、絵本、図鑑、リュック、水筒、弁当箱、ハンカチなど、重複しても無駄にはならないような品物を贈るとよいでしょう。

祖父母から自転車や洋服など、やや値の張るものを贈る機会になります。その場合は、子どもも連れてみんなで見に行くようにしましょう。

最近では、事前に母親の希望を聞いておくことが多くなっています

●小学校の入園祝い
祖父母からはランドセル、学習机が多いです。重複しないように、贈る前に先方のご両親と相談しましょう。
現金、図書券のほか文具券、筆記具、傘、目覚まし時計、地球儀、顕微鏡などが喜ばれそうです。

●中学校・高校の入学祝い
この年頃になると、好みがはっきり現れる年齢でもあるため、出来れば本人にほしいものを聞くのが一番です。
現金、図書カード、図書券、音楽ギフト券、バッグ、財布、時計、上等なボールペンとシャーペンのセット、CDプレーヤー、辞典、などがよいでしょう。
●大学の入学祝い

現金が定番です。品物を送る場合は、本人にほしいものを聞くのが一番です。もし、一人暮らしをはじめる場合などは、生活に必要な家電製品
もしくは、システム手帳、革靴、腕時計、電子辞書、財布・定期入れなどがいいですね。

【お返し】 半分~1/3相当

もらった側は、子ども本人がお礼の言葉又は、礼状でお礼を伝えるのが一般的ですが、子どもがうまくお礼が言えない場合は、親が手助けしてあげましょう。

お礼は、入学式からあまり日の経たないうちに、「のし」をつけ、白赤の蝶結びで表書きは「内祝」として子供の名前で贈ります。

退院のお祝い

【退院祝いの時期】

退院後1週間~1ヶ月を目安に贈りします。

【退院祝いの送り方】

・「祝 御退院」 一般的な退院のお祝いや、状態がわからない場合に

・「祝 御全快」  病状が全快、又は、退院後時間が経過している時に

・「祝 御快復」  退院後時間が経過し、通院・療養中の場合に

のし】

「のし」下に送り主の名前を記載します。会社名・肩書きを加える場合は、姓名の前に入力します。

基本は「外のし」で包装して贈ります。

【退院内祝い】 返しの金額は1/3~半分が相場

内祝いの品は、病気を後に「残さない」という意味合いも込め、お菓子・コーヒー・お茶などの食料品や、「洗い流すもの」として、石けん・洗剤・入浴剤、またタオルなどの消耗品が一般的です。


【水引は結び切】

病気に関する水引は「結び切」にします。結び切は「かたく結ばれほどけることがない、また二度と結びなおされることが無い」という意味で、繰り返してほしくない事に使います。


心のこもった美味しいギフト☆ 贈答品はこちらから

◆ おいしいギフトはこちらから ◆

 3,000円以下

 3,000~4,999円

 5,000~9,999円

 10,000~14,444円

 15,000円~


★人気!!兵庫明石産 茹でダコ(冷凍)

蛸の燻製

明石だこのくんせい 

 ★蛸の柔らか煮

明石だこの柔らか煮

楽天ID決済

ギフトはこちら

ご自宅用商品

明石蛸の特集

豆知識

贈り物とお祝いについて

葬儀、追悼、法要について

アレルギー・カロリー情報

食材原産地情報

よくあるご質問

お得情報

食べ歩き

健康な食事

食べ歩き・加古川

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 営業日

つれづれ帖~美味しいもの食べ歩き

▼店長とスタッフのつぶやき


▼ツイッター始めました

  神戸グルメTwitter

 ***

明石海峡の天然マダコ
漁船の上を元気に歩き回っているのが、体重2.7キロ、キングサイズの天然マダコです。
生ダコの刺身やタコシャブにすれば、美味しいですよ。



新規会員登録

メルマガ登録

QR

ページトップへ